色んな借金をしているパターンがありますが、正直な話自力で返済が難しいと考えられるのが

 

500万円を超える借金がある場合ですよね。

 

借りた場所によりますが、長期返済プランであり収入によってはかなり切り詰めた厳しい生活になってしまいます。

 

借金を返済していくために大切なことは「自分にとって最善な選択肢を正しく取る事」です。

 

例えば現在の収入から返済をしているとして、利子だけの返済で元本が一切減らないのであれば十分債務整理をする事によるメリットが大きい場合もあります。

 

債務整理をするならデメリット&メリットを天秤にかける必要があるわけです。

 

ただし現状なんとか返せている状況であり、未来を想像出来るのあれば歯を食いしばって頑張る価値は十分にあるでしょう。

 

500万円以上の借金返済でどうしようもない、きついという方はこちらを参考にしてください。

 

借金返せない場合の手順方法をていねいに

 

意外にも新卒で働き出した方で特にアパレル関係に勤めている人は借金をしやすい傾向にあるかもしれません。

 

なぜなら大学を卒業をして収入が入ってくるようになる。

 

それと同時に働いている場所で服や靴を毎日商品として見るようになるわけです。

 

ここで覚えていただきたいことは浪費癖を付けないようにすることです。

 

実は私が学生時代から就職をした周りの友達や後輩を見ているとこの傾向がすごく強いです。

 

特に最初の方はクレジットカードでの購入をするようになっていきます。そこから自分でも歯止めが効かなくなってきて、リボ払いに手を出して、、

 
毎月返済をしながら生活や仕事をするようになります。

 

 

借金の金額が大きければ大きいほど債務整理の幅が広くなることを知っておいても悪くはないのだ。